通販で食品を売る前に知っておかなければいけないこと

食品販売の営業許可を取得しよう!

営業許可(一般営業)申請の流れと注意点

現在、商品を買う際にインターネットでは実際の店舗で購入するよりも気軽に購入できる事から、小売業界の多くの割合をしめています。
そしてインターネットを使用すれば、簡単に通信販売を始めることが出来ますが、実はとても身近ですが通信販売で取り扱うためには資格と施設が整わないと営業許可が下りない商品があることはご存知でしょうか?
その身近な商品とは「食品」です。
このサイトでは食品の通信販売を始める際に必要な、資格、施設、営業許可についてご紹介いたします。

まず食品販売に必要な営業許可(一般営業)を取得するには初めに「管轄の保健所に事前相談」を行い、施設、資格の確認が出来たら、「営業許可申請」を書類で行い、「施設検査の打ち合わせ」の予定を相談して、実際に「施設の確認検査」に合格すれば、「営業許可の交付」が行われ、「営業開始」となります。
営業許可申請の際の注意点などをご紹介いたします。

食品販売を始める際に必要な資格は大きく分けて二つ存在します。
一般営業に必要な「食品衛生責任者」と乳製品、食肉、添加物の加工、製造の際に必要な「食品衛生管理者」の資格が存在します。
そして施設も、多くの食品業者が必ず満たすべき「共通基準」と特定の食品ごとに定められた「特定基準」があり、それぞれの資格、施設についてご紹介いたします。

食品を通信販売で扱いたいと考えた時に「包装された食品を仕入れて事業を行いたい」と考える方や、「食品を輸入して販売したい」と考える方がいらっしゃると思いますが、その場合は一般営業と少し違った許可や手続きが必要になります。
「包装された食品を仕入れて販売する場合」の施設についてと「食品を輸入販売」する際に必要な「検疫」についてご紹介いたします。

TOPへ戻る